モバビジ導入後のサポート!契約前に知っておいて良かった体験談

 

モバビジの導入を考えている代表の方に、私の会社でモバビジを導入して良かったことの体験談をここで共有しようと思います。

私の会社は10人にも満たないチームでの医療器具関係の営業メインの会社です。

 

就業中はほとんど会社にいる人間が少ない状態が多かったために、外でも電話を受け取れるモバビジを導入することにしました。

導入後すぐには使い方に戸惑ってしまいましたが、モバビジのサポートがしっかりとしているおかげで、今では重宝しているツールの1つです。

 

営業先や取引先からの連絡がスムーズに取れるようになったので、関係会社様からのクレームも一切なくなりました。

ここでは、モバビジ導入後にお世話になったサポート内容を紹介しますね。

 

モバビジ導入後のサポートが手厚く丁寧だった

モバビジの導入後には、いろんな設定が必要になるため、サポートなしでは難しいと思っています。

しかし、一度設定してしまうと会社内でも使える人間が出てくるので、その後はサポートなしでもスムーズに設定を変更することが簡単です。

 

最初に設定した優先着信

モバビジを導入して1番最初にした設定は、着信の優先順位を決めたことです。

着信の優先順位とは、こちらで受ける着信を誰が取るかという順位を決めました。

 

1番目にAさんの端末を鳴らし、〇秒で受話できなければ2番目にBさんの端末を鳴らす、

または着信不要な方の端末は鳴らさないなど、個人単位で細かな設定が可能なんです。

 

この設定を行うことで「受けと取る」「受け取らない」人間を分けることができたので、

営業中に取引先に回る効率がグッと上がったと全員が実感しています。

 

モバビジなら細かい設定も可能なので、サポートセンターに問い合わせると簡単にやり方を教えてくれました。

 

6時には絶対に会社から帰るために

働き方改革が行われてから、うちの会社でも6時にには絶対に帰ろうと決めました。

モバビジは営業時間外の連絡をガイダンスに設定できるので、5時以降の電話はガイダンスが流れるように設定しています。

 

受けた着信は全て分かるようになっているので、どんな内容の電話か分かるときもあり、取引先よりも先回りして回答を用意することもできます。

そうすることで余計な時間を省くことができ、取引先からも好意を持ってもらえるようになりました。

 

営業時間外のガイダンスを設定してからは、取引先も理解したのか、5時以降に着信があることも少しずつ減っていきました。

 

この2つの設定のみでも余計な報連相が大幅に減少した

上で紹介した2つの設定を細かく行っただけでも、社内での報告や連絡事項が大幅に減らすことができます。

どの着信を誰が取るかと決められるのが良かったんだと思います。

 

このことで連絡漏れなども少なくなり、社内で無駄に共有しないといけない情報も減らすことができました。

モバビジのしっかりとしたサポート体制があってのことです。

 

固定経費の削減が大きなメリット

 

取引先や社内での連絡もストレスなくできるようになったのも大きなメリットですが、

もっと大きなメリットはモバビジ導入後の通信費が大幅に安くなったことです。

 

この図はウチの会社での通信費にそっくりの金額になっていて、72%カットとまではいえないですが、50%近くカットになりました。

 

しかも、自分には関係ない電話には出ることがなくなったので、社員も取引先もストレスが減っているのも実感しています。

モバビジ導入後の最初の設定はやや面倒ですが、モバビジがしっかりとサポートしてくれたおかげで、今では簡単に使えるようになりました。

 

モバビジのサポートまとめ

モバビジを導入して思ったことがあります。

これまでは関係ない電話にも違った人間が対応していたため、時間と労力を無駄にしていたことです。

 

モバビジではピンポイントで着信の優先順位を決めることが出来るので、スムーズに対応が可能になりました。

取引先にもモバビジを紹介したところ、とても気に入ってくれたようで、お互いにメリットになりました。

 

これからモバビジの導入を考えている会社様は、金銭面よりも関係のない電話による、社員の時間の捕らわれようにも目を向けてみてください。

無駄な連絡や報告がなくなるだけでも、コスト削減に繋がり、大きな利益を生むことにもなります。

 

【モバビジ】公式サイト